男女

気になる人はいますぐ応募!タクシー求人について

  1. ホーム
  2. 必要な資格と試験

必要な資格と試験

運転する人

タクシー採用において普通車第二種免許の資格は必須です。それ以外にも説明会の後に面接、書類選考(履歴書、職務経歴書、エントリーシート)、健康診断も早い段階で受診します。タクシー採用で重要なことは一般的な選考だけでなく、人の命を預かるドライバーとして健康状態が業務に始業がないかチェックされます。タクシー採用の試験内容は各タクシー会社によって異なりますが、特定の地域では地理試験を実施しています。タクシー会社が登録している無線グループの地理試験を受け、その8割合格することが条件です。例えば東京都で開かれている地理試験では40問中35問正解しなければなりません。ですがこの試験は週に数回行われているので、何度でもチャレンジすることができます。また、地理試験以外に輸送の安全及び利用者の利便の確保に関する試験も行われています。こちらも45問中36問正解が求められます。ホームページで過去問を公表したり、テキストを販売していることもあります。どちらも一回失敗しても何度でも受けられます。また、専門のスクールに研修として通うこともあります。すべての費用は会社が負担してくれるところも多いので問い合わせてみましょう。そタクシー会社によって試験内容はまったく異なり、いくつか試験に合格しなければならないところから、簡単な筆記試験だけで通ることもあります。事前にタクシー会社に問い合わせたりホームおページを確認し、タクシー採用条件を調べておくと安心です。